【価値が暴落?】切手「見返り美人」現在の買取相場・価格はいくら?

見返り美人切手

 

プレミア切手として有名な「見返り美人」ですが、確かに昔に比べるとその価値が暴落しました

暴落というよりはブーム時の価格が上がり過ぎたので高すぎたというのが正直なところでしょう。

このページでは「見返り美人」を売った場合、今いくらくらいになるのか?現在の買取相場をご紹介していきますね。

 

切手「見返り美人」現在の買取相場・価格と詳細

販売時期 1948年(昭和23年)11月29日
販売部数 150万枚(1シート5枚付き)
切手の種類 切手趣味週間
現在の買取相場 美品の場合バラ1枚で2,000円~3,000円、1シート5枚付きであれば15,000円程

 

  • 未使用でバラの場合は1枚当たり2,000円から3,000円程度
  • 未使用品5枚付きシートの場合で良くて15,000円程度(1万~1.5万くらい)

 

プレミアがついた理由としては発行枚数よりも需要が高かったからで、1週間くらいで売り切れてしまうほどだったそうです。150万枚というのもそこまで多い発行枚数ではないので、プレミアとなったのでしょう。

ただ、上記の買取金額の相場は未使用品の場合ですので、使用済みの場合は数百円くらいの価値と思っておいた方がよさそうです。それでも現在の額面でいうと10円くらいなので価値は高いといえるでしょう。

ざっと現在の価値は、このような相場ですがもちろん状態によっても変わってきます。発行が1948年と、かなり古いので未使用品であってもシミや色褪せは避けられないところです。あくまでも良い状態の場合は上記の価格が付く可能性があるということですね。

 

切手「見返り美人」の詳細

見返り美人は「切手趣味週間」という種類の切手で、主に文化的で芸術性の高い切手をメインとして日本郵便が発行しているものです。

 

見返り美人切手サイズ

見返り美人は浮世絵師として人気の高かった「菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)」の作品ですが、縦長で大きい切手です。そのサイズは縦:6.7cm、横:3cmで、縦長の大きい切手となっています。

 

 

見返り美人本物

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%B1%E5%B7%9D%E5%B8%AB%E5%AE%A3

切手ではモノクロのイラストになっていますが、本来の作品は上記のようにカラーで、鮮やかな赤い着物を着た女性が振り返っています。

ほかの切手趣味週間のプレミア切手で、喜多川歌麿の浮世絵「ビードロを吹く娘」も同様に本来の作品はカラーですが、切手ではモノクロとなっています。

この原因としては単純に当時そこまで色を再現できなかったというのがモノクロになった理由です。

 

切手「見返り美人」の価値が暴落した理由は?

冒頭でも軽く書きましたが、昔に比べて「見返り美人」の買取相場は暴落しています。昔が高かっただけとも書きましたが、切手収集ブームなどのせいもあり、需要が高い中で希少なためにプレミアがつき、当時はバラでも1万~2万くらいとかなり高額となっていました。

ただ、そういったブームも去り、切手の需要も少なくなったことから相場も落ち着き現在の買取相場になっている状況です。とはいっても国内・海外でも収集するマニアはいますので、プレミアがついているんですね。

あと、見返り美人切手の価値が落ちたもう一つに考えられるのは、以下に記載していますが、復刻版が平成3年に出たというのもあるかもしれません。

とにかく、プレミア切手のどんどん需要は今後ますます落ちていくと予想されますので、現在手元にあって「売りたいなー」と思われている場合はできるだけ早く買取してもらうのが高く売るコツです。

 

 

平成3年に発行!「見返り美人」の復刻版について

見返り美人切手復刻版

「見返り美人」切手は、平成3年(1991年)4月19日に、山川秀峰「序の舞」62円切手と同シートで復刻されました。こちらはカラーバージョンとなっていますね。

発行枚数は500万枚とかなり大量で、現在こちらの復刻版の買取相場は額面ベースで価値としてはプレミアは付きません

1シートで100円くらいの買取相場といったところでしょう。

 

1996年(平成8年)にも「見返り美人」切手が郵便切手の歩みシリーズで発行

郵便切手の歩みシリーズ 見返り美人

平成3年に復刻版が発行されましたが、その5年後の平成8年6月3日には「郵便切手の歩みシリーズ」でも発行されました。

プレミア切手でもある歌川広重の「月に雁」とセットになった80円切手で、こちらも発行枚数が多いので買取査定しても額面ベース、プレミア価格は付きません。

カラーと単色刷りの両方あるというのは綺麗なのですが、価値はないんですね。

 

 

まとめ|切手「見返り美人」もっと価値が下がる前に売るのが良さそう!

見返り美人の価値は、昔に比べると低いのですが、現在の相場でも切手の中ではまずまずのプレミアがついていることがわかりました。

 

  • 美品のバラ:2000円~3000円程度
  • 美品のシート:10000円~15000万程度

 

ただ、プレミア切手の需要はますます下がると予想され、見返り美人の切手もこれから価値が上がるというのは考えにくいです。

なので、できるだけ早く思い立ったら買取査定してもらうのが良さそうです。もしくは面倒ですがオークションで出品するという手もありますね。

買取業者の場合査定は無料というところがほとんどですので何社か見積もりを取って一番高いところに買取してもらうのが賢いのかもしれません。